« 無関心・保身という罪 | トップページ | 経過報告(その2) »

2010年11月22日 (月)

経過報告(その1)

先日、「決まりました!」で書いたレイアウト変更及び席替えの経過報告です。

今一度、整理整頓の目的は、何なのか。

それは、生産性と効率を上げることです。

雑然とした環境からは、ほんの一握りの人間は例外として、ほとんどの人間、そして、複数の人間が集まった組織にとって、生産性と効率の向上は望めません。
それが分かっているから、多くの企業で、5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)を代表とした整理整頓を進めようとしているのです。

「進めようとして」と表現したのは、これも多くの企業で、掛け声とは裏腹にうまく定着しない現実があるからです。整理整頓が重要であることは、おそらく子供でも分かっているはずです。

なのに、なぜ、整理整頓が進まないのか。
先に言っておきますが、この場合、見た目の整理整頓ではありません。生産性と効率の向上を伴った整理整頓です。

答えは、実に簡単です。
根本的な問題に手を付けないからです。

企業、いや、複数の人間が集まる組織には、必ず、声を大にして言えない、いわゆる聖域やタブーが存在します。私たちは人の子で、しかも普通の人ですから、某局大河ドラマの坂本龍馬ばりに、命を賭して信念を遂行しようなど、出来ようはずもありません。

組織の根本的な問題を解決するのに必要なことは、経験でも知識でもありません。信念です。絶対にこれが正しいと信じ、自分自身に降り掛かる損得など関係なく動ける行動力です。

会社で働くことを、給料をもらうためとしか考えていなければ、これは成り立ちません。
私は、特に会社のため、自分の所属する組織が繁栄し誇りが持てるようにするため、という気持ちを持っている人間をドリームチームのメンバーにしたつもりです。

会社を真に繁栄させるのは、こうした従業員の心意気なのです。

by かわい主任

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
中小企業の社内プロジェクト応援企画 「ドリームチーム選手権」に参加しています。
弊社を含む27社が活動記録をまとめたレポートをブログで公開中!

 ↓↓ 詳しくはこちら ↓↓

http://www.sansokan.jp/dt/entry.html

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★お知らせ★★★★★

« 無関心・保身という罪 | トップページ | 経過報告(その2) »

整理整頓・経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1416981/37782255

この記事へのトラックバック一覧です: 経過報告(その1):

« 無関心・保身という罪 | トップページ | 経過報告(その2) »