« 転換点 | トップページ | チーフ会議での出来事 »

2010年11月 3日 (水)

キッチンの整理整頓から見えてくるもの

本日、自宅のキッチンの整理整頓をしました。

妻は、片付けることが大の苦手のようです。料理はとても上手で、かなりおいしいのに、もったいない限りです。

散らかったキッチンを眺めてみると、ポイントが三つあることが分かります。

1.使用したものをすぐに片付けない。

時間がもったいないという理由ですぐに片付けないので、後でまとめて片付けることになる。これが、余計に時間を消費する結果となる。また、次から次へと発生する料理や洗い物が溢れ出し、ものを置くスペースがなくなる。

2.種類の異なるものが一緒に置かれている。

例えば、調味料と洗剤が同じところにまとめられているので、非常に危険。また、種類毎に一箇所にまとめていないので、在庫管理が不十分になり、余計なものを買ってしまう。

3.片付ける場所を固定していない。

2と似ているが、片付ける場所を固定していないので、片付けた本人しかその居所が分からない。よって、他者が使用する場合、非常に使いずらいので、家事の協力を仰げない。

まとめると、整理整頓しないことが、時間とお金とスペースの無駄を生んでいることが分かります。
今日の夕食は、一旦リセットしたので、段取り良く、しかも娘の協力を仰ぎながらスムーズに作業をしていました。
なぜか、いつもより品数が豊富で、とてもおいしかったです。

さて、会社でも、この作業を進めなければなりません。
工具の片付け方の標準化や棚の配置を変更していく予定です。

ちなみに、この整理整頓プロジェクト、以前公開した工程表とは異なりますが、11月から会社として組織体制の変更がありますので、これにも一枚咬むことになりました。

その模様は、ここに随時アップしていきますので、ご期待ください。

by かわい主任

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
中小企業の社内プロジェクト応援企画 「ドリームチーム選手権」に参加しています。
弊社を含む27社が活動記録をまとめたレポートをブログで公開中!

 ↓↓ 詳しくはこちら ↓↓

http://www.sansokan.jp/dt/entry.html

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★お知らせ★★★★★

« 転換点 | トップページ | チーフ会議での出来事 »

整理整頓・経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1416981/37519332

この記事へのトラックバック一覧です: キッチンの整理整頓から見えてくるもの:

« 転換点 | トップページ | チーフ会議での出来事 »