« 新スピードコンテスト | トップページ | 経過報告(その1) »

2010年11月14日 (日)

無関心・保身という罪

今クールで、関西テレビ系列にて「ギルティ」というドラマが放送されています。

殺人の罪を着せられた無実の犯人が、服役後に復讐をしていくという物語です。
この物語に特徴的なのは、復讐が真犯人だけに向けられるわけではなく、有罪は決定的だからと刑を軽くすることだけに専念した国選弁護士、はたまた、全体の動きに流されて嘘の証言をしてしまった目撃者にも鉾先が向けられていることです。
主人公曰く、「保身のために嘘の証言をした罪は死に値する」なのです。

私の脳裏に浮かんだのは、どうせ無駄だからと選挙の投票に行かない人、会社の問題に見て見ぬ振りをする人です。
たった一人のことだからと軽く感じて行っているその行動が、実は大きな罪に値する行動になっていることを気付かないでいるのです。

日頃の自分の言動を振り返り、ドキリとするドラマですが、深い、非常に深い物語だと思います。

by かわい主任

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
中小企業の社内プロジェクト応援企画 「ドリームチーム選手権」に参加しています。
弊社を含む27社が活動記録をまとめたレポートをブログで公開中!

 ↓↓ 詳しくはこちら ↓↓

http://www.sansokan.jp/dt/entry.html

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★お知らせ★★★★★

« 新スピードコンテスト | トップページ | 経過報告(その1) »

整理整頓・経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1416981/37663094

この記事へのトラックバック一覧です: 無関心・保身という罪:

« 新スピードコンテスト | トップページ | 経過報告(その1) »