« 心の共有 | トップページ | FC TENMA »

2011年7月18日 (月)

ピアプレッシャー

先月下旬から、ソフトテニス(軟式テニス)を始めました。

2年ぐらい前までフットサルをしていたのですが、やらなくなってから思いっきり運動不足でした。若いうちは勢いで通せるのですが、年齢を重ねると心身の状態は比例して来るもので、体がなまっているとモチベーションも上がらなくなるのです。

どうせ運動するなら、とことんやりたいと思いました。
高校までやっていたソフトテニスなら、上のレベルを目指せるのではないか。何より、高校時代は遊びたい盛りで、中途半端な気持ちで練習していたので、今度こそ燃え尽きたいと思いました。自分の限界までやりたいと思ったのです。

ネットで自宅近くのクラブを探して、参加させてもらいました。
今年は例年以上の暑さで、夏に開始するのは、「クソ」の上に「クソ」が付くほどしんどかったですが、それ以上に充実した疲れが残りました。
2回目の練習日には、高校時代に全国大会に出場したことのある女性と試合をして大接戦の末、勝てました。女子だけど、めっちゃ上手くて、まぐれだろうが何だろうが、とてもうれしかったです。
これだから、スポーツはやめられないんですよねえ。

たくさん練習して、夢は大きく全国大会に出よう (笑)

話は変わりますが、我が社では、4月に全社員に図書カード1万円分が配布されました。
そして、カードを使い切った者には、今月、再度1万円分が渡されました。
社員を勉強好きにさせようという取り組みです。
インプットしないでアウトプットは出来ないわけですから、いい取り組みだと思います。

「ピアプレッシャー」という言葉があります。
勉強なりスポーツなり同じ目標を持つ仲間と競争したり、励まし合ったりすることで、ひとりでする以上に効果が高まるというものです。
私は、積極的に図書カードで購入した本を他の人と貸し借りしています。こうすることで、1万円が2万円、3万円の価値を生み、また、自分では絶対に辿り着かない本を読み、いろんな価値観を育み、そして、他の社員の考えを共有出来るのです。

ひとりっきりでは、モチベーションも高まりません。
何をするにも「ピアプレッシャー」、言葉を変えれば「切磋琢磨」かな?、を大切にしてお互いを高めて行きたいと思います。

« 心の共有 | トップページ | FC TENMA »

整理整頓・経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1416981/40863921

この記事へのトラックバック一覧です: ピアプレッシャー:

« 心の共有 | トップページ | FC TENMA »